「犬を飼う」ことについて

ペットは家族の一員として考えていらっしゃる方も多いと思います。
これからペットを飼いたいと思っている方もいらっしゃると思います。
ここでは「犬を飼う」ことについて少しアドバイスさせて頂きたいと思います。

まず最初はどんな犬を飼うか、迷われると思います。
純血種を飼いたいとおもうのであれば、犬種を考えてみましょう。
大型犬、中型犬、小型犬と分類されますが、家の広さとその相関関係を考えてみます。
家が広い、また庭があるから大型犬を飼うというのは少し早計です。
大型犬は子犬の頃こそやんちゃですが、成長するにつれそれはなりをひそめ、動きもおっとりとしてきます。
ですので家自体の広さはそれほど問いません。
逆に小型犬はやんちゃぶりが大人になっても続き、家中を走り回ることがあります。
ですから家が広い、庭があるというなら小型犬や中型犬を飼ってみるのも一つの方法です。
実際マンションで大型犬を飼っている方もいらっしゃいます。

次に純血種の何を飼うか、ですが今流行の犬を飼ってみたいと思われる方も多いと思われます。
ですが、種類によっては躾が難しい犬種もいるのです。
ミニチュアダックスフントやカニヘンダックスフントはトイレの躾が難しい場合があります。
胴長の体をしているので犬専用のトイレに体が入りきらずに失敗してしまうこともあります。
マンションで飼う場合は少し注意が必要になってくるのがおわかりになると思います。

このように犬の個性は書店で専門書などを読んでしっかり把握しておきましょう。
飼い始めてから「失敗した!」では取り返しがつきません。
躾の自信が無くては犬は飼えません。

次に純血種でなくてもいいというなら、自治体などで里親を募集している所もありますので、問い合わせてみましょう。
そこでは一度捨てられた犬たちもたくさんいます。
最後まで責任をもって飼えるか面接したりする所もあります。

いずれにしても命を預かるということに変わりはありません。
家族の一員として迎え入れる覚悟を持ってドッグ・ライフをともに楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です