バスや電車でのマナーやルールについて

バスや電車などといった公共交通機関は老若男女問わず利用され、通学や通勤の時間帯などは特に多くの人で混み合うこともあります。
このようにたくさんの人が集まる場所でこそ、マナーやルールといったものが大事になってくるのではないでしょうか。
車内では携帯電話で通話をしない、大声で話さない、飲食をしないなど、普段から耳にするような簡単なルールも意外と守れていない人が多いように思います。
そしてそのような行為を注意されても無視するような態度が、特に若年層に見受けられます。
この問題を解決する為には、やはり普段からの呼びかけをするという正攻法が最も効果があるのではないかと私は考えます。
そして注意する側も頭ごなしに厳しい口調で注意するのではなく、なるべく優しい口調で対応したほうが反感を買わず、相手の心にも届きやすくなると思います。
何より重要なことは一人ひとりが意識をして、マナーやルールを守る心がけを常に持っておくことです。
車内放送や広告でマナー・ルール厳守は呼びかけられていますので、それらをただ聞き流したり読み流すのではなく、意識しながら公共の機関を利用することが大事であるといえるでしょう。
皆が気持ちよく利用するためにも、個々人の日頃からの心がけが大切だと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です