マザーゲームを見た!

見る前は、どぎついのかなぁと思ってました。目をそむけたくなるようなものではなくて、よかったです。ママカーストって、実際にあんな感じなのかなぁ。

ドラマとしては、キャラクターの設定が明確になっていて面白いですね。人間関係、不倫関係、ママ同士のトラップ、プライド、ツンデレ、面白い味付けが次から次と出てくる。

木村 文乃さんが主演なんだけど、かつて観月ありささんがやてったドラマと似てるなぁと思いました。階級が上のママたちに、庶民的なママの木村 文乃さんが立ち向かってゆく姿、着てる服まで、観月ありささんっぽい。木村 文乃さんも27歳になったのかな。

ママ役が似合う年齢になって、大人の女性になったなぁと思います。本当に、こんな幼稚園があってママカーストが展開されていたとしても、当事者のママさんたちはドラマは見ないんでしょうね。いつも思うんだけど、こういうドラマのメッセージって、誰あてなんだろう。問題提起という感じでもないし。

適当に笑っておけばいいというドラマでもないから、女優さんたちの演技の魅力やキャリアを見ながら、こうやって第三者なコメントして楽しんでいますが。制作のことまで気にしなくていいんでしょうけど、ついつい、そういう見方をしてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です