俺たちフィギュアスケーターの感想

ネタバレ含めた感想です。俺たちフィギュアスケーターというコメディ映画を見ました。笑える中にも感動ありという感じで、いかにもアメリカンな映画って感じでした。全くタイプの違う男子シングルのフィギュアスケーター2名が主人公です。

2人はライバル同士だったのですが、大きな大会で喧嘩をして出場停止になり、永遠に出場できないかと思いきや、ストーカーが穴をみつけてくれて、スケーターに戻るために男子ペアという前代未聞の取り組みで大会に出るというストーリーです。

いがみ合っていた2人が、時間と練習を重ねるうちに打ち解けていき、最後には感動的なフィナーレみたいな感じでした。お決まりの、悪い人が出てきて邪魔されたりしますが、ハッピーエンドでよかったです。

途中でものすごい技が出てきて、首が飛んだりとけっこうグロイシーンもありますが、全体としてはまあまあな出来ではないかと思います。最近はフィギュアスケート人気が高まっているので、また流行るかもしれませんね。劇中に、日本語のシーンとか、国際大会の名前のところで本当にいた選手の名前が出てきたりするのも面白かったです。

今みると、現在の選手たちの技は随分と向上してきてるんだなと思いました。シリーズでダンサーものもあるらしいので今度みてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です