雨の日の運転

“まだ車を運転することに慣れていないので、雨の日の運転はとても憂鬱です。

先日、荷物が多かったのと、雨が強かった事もあって、いつもは自転車で10分あれば行ける場所へ思い切って車で向かうことにしました。
あまりにも緊張しすぎていたのか、「ワイパーの付け方がわからない!!!」から始まり、車の中でのひとりごとが止まりません。
私が運転する道はどこも細くて、制限速度は30,40km/hがほとんど。
晴れの日はしっかり制限速度で走れるんですが、雨の日はどうしてもトロトロになってしまいます。
本当はダメなはずの傘を持ちながらの自転車走行はフラフラで、ほんとうに怖いです。
そうして、後ろからくる車が距離を縮めてくると、
「車間距離、雨の日は長くとるって、習ったでしょ!? あー!お願い。どっかで曲がってーこっちこないで!!」と、ハンドルを握りしめながら祈ります。
自転車と変わらない時間がかかってしまいましたが、事故にあうこともなく、目的地に到着した時には、「やれば出来るじゃん!わたし」と、褒めまくりました。

今日は、あの日から三度目の雨の日運転で、相変わらず、車の中のひとりごとは止まりませんでした。
「怖いよー」「そこの自転車の人ー走っこよって?」「急に出てこないで?」
きっと誰かが乗ってたら、呆れてしまうほどです。
でもやっぱり、雨の日はそれほど怖いものです。
いつもより確認する回数も増やさないと、不安で仕方がありません。
ワイパーがあっても、雨を弾くスプレーをしていても、視界は悪くなっているので。

そうして、運転手には車間距離は長く取って欲しい、いつもよりスピードを落として欲しいと思ってしまうのです。
自転車の人は、傘をやめてレインコートにしましょうよ。

そんな私も数年前は傘を指しながら自転車に乗っていたんですが。
あれ?そうすると、数年後、私も雨の日運転に慣れたら、こんなこと、思わなくなるんでしょうか?
ちょっと、考えものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です