青山学院大学箱根駅伝往路優勝おめでとう。

今年は青山学院大学は強いという予想はメディアに出ていましたが、ここまで強いとはびっくりしました。2位の明治大学に5分くらいの大差をつけました。
圧巻は5区の山登りの神野選手で解説の瀬古さんすらびっくりしていました。走り終えてもまだ力が残っていて普通に歩いていました。
こんなに山登りや山下りを上手に走る選手は見たことがないと瀬古さんも舌を巻いていました。
復路でこの青山学院大学を抜く大学は出るのでしょうか。多分非常に難しいでしょう。不可能ではないですが5分という差は普通ではありません。
明治大学や早稲田大学には強い選手が復路で走るようですが、それにしてもこの差は大きすぎます。

青山学院大学はここ3~4年で急速に力を付けてきました。驚異的なことです。余程強い選手が入学してきたか、指導者が良かったか。両方かもしれません。
とにかくとりあえず往路優勝だけでもすごいことなのでおめでとうを申し上げたいと思います。
この青山学院大学の躍進を見て今まで余り強くなかった大学もやれば出来ると思うに違いありません。
逆に強いのが当たり前と言われていた駒澤大学や東洋大学など5強と言われていた大学は、これからさらに選手強化に力を入れなくてはならなければならなくなりました。
見る方としてはますます面白くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です